阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

公開日: 更新日:

「矢野監督では苦しいですね」

 数十年来の阪神ファン、ひろさちや氏(宗教評論家)がこう嘆く。

 今季の阪神は残り45試合で首位巨人に10・5ゲームの大差をつけられ、優勝は絶望的。直接対決は4勝12敗と大きく負け越し、これだけで8ゲーム差をつけられている。

 17日にはようやく、東京ドームで今季初勝利したが、巨人は坂本、岡本が2試合連続で欠場する飛車角落ちの布陣。原監督には、とことんナメられたものだ。阪神ファンからすれば、これほど情けないことはない。

 在阪メディアによる評論では、「巨人野球との差」がことさらクローズアップされている。16日付の日刊スポーツ(WEB版)では、阪神OBの中西清起氏が「巨人とは戦力差というより、組織力に差を感じたシーズンになった」と論じた。組織力の差とはつまり、監督力の差である。冒頭のひろさちや氏は、「矢野監督にはセオリーがない。15日の梅野のバスターエンドラン失敗しかり、作戦も起用も思い付きで、こうあってほしいという願望が前面に出ていると感じざるを得ない。今季限りで解任するべきです」と、こう提言する。

「3番打者が決まらないとボヤいたり、不振のベテラン福留、糸井、能見にこだわり過ぎ。能見は11日に二軍降格したが、仮に3人の給料が高いから一軍に置いているのだとしたら、監督は選手の給料を気にする必要など全くない。勝つためにどうするかを最優先すべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る