阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

公開日: 更新日:

「矢野監督では苦しいですね」

 数十年来の阪神ファン、ひろさちや氏(宗教評論家)がこう嘆く。

 今季の阪神は残り45試合で首位巨人に10・5ゲームの大差をつけられ、優勝は絶望的。直接対決は4勝12敗と大きく負け越し、これだけで8ゲーム差をつけられている。

 17日にはようやく、東京ドームで今季初勝利したが、巨人は坂本、岡本が2試合連続で欠場する飛車角落ちの布陣。原監督には、とことんナメられたものだ。阪神ファンからすれば、これほど情けないことはない。

 在阪メディアによる評論では、「巨人野球との差」がことさらクローズアップされている。16日付の日刊スポーツ(WEB版)では、阪神OBの中西清起氏が「巨人とは戦力差というより、組織力に差を感じたシーズンになった」と論じた。組織力の差とはつまり、監督力の差である。冒頭のひろさちや氏は、「矢野監督にはセオリーがない。15日の梅野のバスターエンドラン失敗しかり、作戦も起用も思い付きで、こうあってほしいという願望が前面に出ていると感じざるを得ない。今季限りで解任するべきです」と、こう提言する。

「3番打者が決まらないとボヤいたり、不振のベテラン福留、糸井、能見にこだわり過ぎ。能見は11日に二軍降格したが、仮に3人の給料が高いから一軍に置いているのだとしたら、監督は選手の給料を気にする必要など全くない。勝つためにどうするかを最優先すべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!