小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ロッテの2005年完全制覇 すべては前年の4位から始まった

公開日: 更新日:

 2005年はロッテが31年ぶりのリーグ優勝、そして日本一を達成した年です。この年はさらに、始まったばかりの交流戦優勝、オフのアジアシリーズでは初代王者、オマケにファームも日本一達成で、シーズン5冠というのだから驚きです。

 勝利の要因としては就任2年目だったボビー・バレンタイン監督(70)の「ボビーマジック」がよく挙げられます。日本球界の常識にとらわれない選手起用などは、この連載でも書きました。ボビーの選手操縦術は確かに卓越していましたが、シーズン2位から優勝まで上り詰めた最大の要因は、前年の悔しさです。

■0・5ゲーム差の明暗

 04年はプレーオフ(現CS)が導入された年。それまで短期決戦といえば日本シリーズしかなかったので、ナインはどうなるのか興味津々。しかし、ロッテは3位日本ハムと0・5ゲーム差の4位でプレーオフを逃しました。そしてこのわずかな差が、とてつもなく大きいことを思い知ることになるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る