小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ボビーもベンチもボクも笑った 生涯ただ1球のスプリット

公開日: 更新日:

 チェンジアップはメジャーでは必須の変化球といわれています。2004年に2度目のロッテ指揮官となったボビー・バレンタイン監督(70)が、春季キャンプで「投手陣はチェンジアップを習得するように」と言ったのも、おかしな話ではありません。

 でも、僕は「監督、それは無理です」と拒否しました。理由はいくつかあります。言い方は難しいのですが、僕の投げ方ではどうもチェンジアップが投げにくいというのがひとつ。新球習得に乗り気ではなかったのも確かです。僕の球種は直球とシュート、スライダーの3つだけ。この3つを極めようという気持ちが強かった。

 キャンプでの投球練習は1日50球と決めてました。1つの球種につき16、17球。もし、新球を会得するとなると1つの球種に費やす球数が減ってしまい、ボールの質も落ちかねない。新しく覚える変化球は重点的に投げ込む必要もあるだけに、なおさらです。そうした説明をし、ボビーにも納得してもらいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

  3. 3
    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

  4. 4
    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

  5. 5
    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

もっと見る

  1. 6
    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

  2. 7
    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

  3. 8
    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

  4. 9
    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

  5. 10
    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…