新人王先輩が広島・森下に金言「巨人戦と阪神戦に投げよ」

公開日: 更新日:

森下暢仁(広島)投手・1年目・23歳

「軸がぶれない。直球はきれいなタテ回転でスピンが利いています。カーブなどの全ての変化球の精度が高い。真上から投げ下ろすフォームは、腹筋や背筋といった体幹を使います。体力がないと徐々に崩れてきますが、出身の明大はよく投げてよく練習するチーム。今のところ、体力も問題なさそうです。真上からのフォームでは珍しく、球持ちが良くて、初速と終速が変わらないから、球速以上に球が速く感じるタイプです」

 自身も広島の投手として1985年にセ・リーグの新人王を獲得。広島で投手コーチ、編成部長などを歴任した川端順氏がこう続ける。

「右打者のインコースにズバッと投げられる。これができる投手はなかなかいないんです。コントロール、度胸があります。私が新人の時は古葉監督、その後に投手コーチを務めていた時、山内(95年)や沢崎(97年=現投手コーチ)が新人王を取った時は三村監督と話をして意識してやったことがあります。投票権のある担当記者が多い巨人阪神戦に集中的に登板させるのです。好投すれば目の前で印象づけられます。ライバルは巨人の戸郷。直接対決で勝つことが大事になります。これからは、ローテを崩してでも森下の新人王のためにシフトを敷くべきです」

 13試合で6勝3敗、防御率2.63(10月2日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る