広島・大盛は“練習の虫”学生時代は黙々とバットを振る日々

公開日: 更新日:

大盛穂(広島・外野手・2年目・24歳)

野球部は恋愛禁止。さらに体育コースなので3年間クラスに女子はいませんでした。僕なんかは入学当初『え?』と衝撃を受けたほど。だけど、大盛はひたすら練習に没頭していました」

 そう語るのは高校3年間で同じクラス、高校、大学の野球部で共に汗を流した木根凌太さんだ。

 大盛は大阪府大阪市で生まれ、小学1年から野球を始めた。中学では守口シニアに所属し、同チームの監督の紹介で静岡県の飛龍高へ進学。仲間から見ても練習熱心なこの男を、当時、同校で監督を務めていた濱野洋氏は鮮明に覚えている。

■本塁打でもガッツポーズなどせず淡々と

「ホームランを打ってもガッツポーズなどせず、淡々としていた。寡黙で昭和気質な選手でした。ただ、内に秘めたものは非常に強い。練習の虫で、バットを振る回数がハンパじゃなかった。昼休みだけではなく、授業の合間の10分休みでも取り組んでいたんです。あるとき『1週間で5000回』と部員にノルマを課したら、大盛はそれを“1日”でやってのけた。『聞き間違えてしまった』と言っていたけど、『1日5000回』っておかしいじゃないですか。それなのに大盛は言われたことだからと、当たり前のように受け入れる。ノルマがなくても毎日1000本以上は素振りをしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち