広島・大盛は“練習の虫”学生時代は黙々とバットを振る日々

公開日: 更新日:

大盛穂(広島・外野手・2年目・24歳)

野球部は恋愛禁止。さらに体育コースなので3年間クラスに女子はいませんでした。僕なんかは入学当初『え?』と衝撃を受けたほど。だけど、大盛はひたすら練習に没頭していました」

 そう語るのは高校3年間で同じクラス、高校、大学の野球部で共に汗を流した木根凌太さんだ。

 大盛は大阪府大阪市で生まれ、小学1年から野球を始めた。中学では守口シニアに所属し、同チームの監督の紹介で静岡県の飛龍高へ進学。仲間から見ても練習熱心なこの男を、当時、同校で監督を務めていた濱野洋氏は鮮明に覚えている。

■本塁打でもガッツポーズなどせず淡々と

「ホームランを打ってもガッツポーズなどせず、淡々としていた。寡黙で昭和気質な選手でした。ただ、内に秘めたものは非常に強い。練習の虫で、バットを振る回数がハンパじゃなかった。昼休みだけではなく、授業の合間の10分休みでも取り組んでいたんです。あるとき『1週間で5000回』と部員にノルマを課したら、大盛はそれを“1日”でやってのけた。『聞き間違えてしまった』と言っていたけど、『1日5000回』っておかしいじゃないですか。それなのに大盛は言われたことだからと、当たり前のように受け入れる。ノルマがなくても毎日1000本以上は素振りをしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る