西武・平良 ドラ1候補を目の当たりにしても動じない肝っ玉

公開日: 更新日:

平良海馬(西武)投手・3年目・20歳

 173センチ、100キロ。あだ名は「男梅」だそうだ。そんなマメタンクのような体形から繰り出される速球の最速は160キロ。140~145キロのカットボール、チェンジアップも生きてくる。

 沖縄・石垣島出身。部員がわずか7人の八重山商工高から2017年のドラフト4位で西武に入団した。新人王の資格を持ったまま挑む3年目の今季は、開幕から10試合、9回3分の2を無安打無失点。一躍、脚光を浴びる存在となった。

 八重山商工で平良を見守った末吉昇一監督(現・具志川商野球部長)は高校時代をこう振り返る。

「宮古島の学校と連合を組んでいた2年生の2月のことです。我々が合同練習のために宮古島に行くと、JR東日本さんがキャンプをしていた。そこで、上のクラスの実力を知ってほしいと、当時ドラフト1位有力候補だった田嶋大樹投手(24=オリックス)の見学に行きました。しかし、平良は田嶋投手の投球を見ても全く気後れしなかった。『これくらいの球を投げればプロが注目するのか。自分も頑張れば行けるな』という感じでした」

 そんな肝っ玉の太さも武器の一つ。タイトルを引っ提げ、故郷に錦を飾る。

 40試合で22ホールド、防御率1.86(10月2日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る