巨人・戸郷2年目で開花 “ケガをしない男”が得た2つの武器

公開日: 更新日:

戸郷翔征(巨人)投手・2年目・20歳

 今季、高卒2年目で大ブレーク。昨季まで巨人に在籍していた“師匠”の教えが大きい。

 母校・聖心ウルスラ学園高で投手を指導する近藤洋次部長はこう語っている。 

「体の線が細く、なかなか太らなかった。戸郷の増量に合わせて練習を組んだり食トレもしましたが、あまり成果は出ませんでした。それでも、昨オフに久々に会ったら、尻にも筋肉がついていて、確かな変化を感じました。山口俊さん(現ブルージェイズ)と自主トレをご一緒したと聞きましたが、食事は昼も夜も大量の肉を食べるみたいで、相当にハードだったようです」

 今年1月、父親が力士だった山口の沖縄合同自主トレに志願して弟子入り。「練習より食事がハード」という食トレで73キロから2キロの増量に成功した。フォークも教わり、現在は強力な武器としている。

 聖心ウルスラ学園の小田原斉監督が「今までケガというほどのケガをしたことがない。そこが彼の最大の強み」と太鼓判を押す体の強さがある。さらに手にしたパワーと伝家の宝刀で、セ界を切り続けている。

 13試合で8勝4敗、防御率2.70(10月2日現在)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路