カナダ行きは断念の紀平梨花に「プルシェンコに師事」情報

公開日: 更新日:

表現力に課題を残したまま

 ロシアなど欧州メディアによれば、オーサー氏に代わる新たなコーチとして、あのロシア皇帝の名前が浮上しているという。五輪、世界選手権、GPファイナルで、合わせて9度の頂点に立ったエフゲニー・プルシェンコ氏(37)だ。現在はモスクワを中心にロシア国内でスケート教室を運営し、ジュニアを中心に次代のトップスケーター育成に励んでいる。

 紀平は現在、モスクワのプルシェンコ氏とはSNSなどのオンラインを通じてコミュニケーションを図り、演技の具体的なアドバイスを受けているという。

 紀平は長らく指導を受けてきた浜田美栄コーチと練習法を巡る意見の食い違いもあって確執がささやかれてきた。今回、コーチをカナダ人からロシア人に変更するのは、コロナ禍の影響もあるが、何よりも課題の克服を優先したためだといわれる。

 紀平はシーズンオフの練習で、女子では実施が難しいとされる4回転サルコーに成功するなど、ジャンプやスケーティングの技術を高めている。その一方で、海外勢に比べて見劣りするとされる表現力に課題を残したままだ。現役時代は感情をあらわにする表現力を武器としていたプルシェンコ氏に師事してレベルアップを図る狙いだ。

 ロシア人コーチの指導で、ロシア勢の牙城を崩せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る