瀬戸大也の不倫騒動が五輪スポンサーには“渡りに船”なワケ

公開日: 更新日:

 不倫が発覚した競泳瀬戸大也(26)。9月30日には所属先のANAから契約解除されるとともに、自ら日本オリンピック委員会(JOC)のシンボルアスリートの解除を申し出た。

 瀬戸がCM出演していた味の素やP&Gの動画は1日現在、閲覧できない状態で、このまま打ち切られる可能性がある。電通子会社のマネジメント会社「ジエブ」に所属していることもあってか、WEBサイト「電通報」で、P&GのテレビCM動画が閲覧できるくらいだ(1日時点)。

 所属契約を打ち切ったANAは不倫によるマイナスイメージを嫌った。瀬戸は味の素のCMに家族で出演するなど、プライベートを切り売りしていたことがさらなるイメージダウンを招いたといっていい。広告関係者は、「これが東京五輪のスポンサー離れにつながりかねない」とこう続ける。

「東京五輪が1年延期となったことで、五輪組織委は追加費用を捻出するため、各スポンサー企業に契約延長を申し出ている。瀬戸を切ったANAをはじめ、コロナ禍で大半の企業が大打撃を受ける中、億単位の金がかかる契約延長を避けたいと考えるところも少なくない。すでに契約延長を決めたスポンサー企業の中にも、世界的イベントである五輪から撤退することで、企業イメージが低下することを懸念したところもある。瀬戸はJOCの看板選手でもあったわけですが、個人スポンサーにせよ五輪の公式スポンサーにせよ、今後は、ちょっとしたスキャンダルでも、撤退や契約解除の口実になりますよ」

 コロナ禍で苦しむ企業にとってスキャンダルは「渡りに船」か。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ