カナダ行きは断念の紀平梨花に「プルシェンコに師事」情報

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのシーズンが本格的に到来する。

 今季のグランプリ(GP)シリーズは23日(日本時間24日)開幕の米国杯を皮切りに、11月27日からのNHK杯(大阪)までの6大会全てで大幅に規模を縮小。感染リスクを避けるため、各大会の出場者は地元選手や開催国に拠点を構えるスケーターに制限した。

 昨季の全日本女王で四大陸選手権覇者の紀平梨花(18)は、欧州で練習しているためフランス杯(11月13~15日=グルノーブル)に出場する。一昨年のGPファイナル女王は今年6月に、羽生結弦(25)ら多くのトップスケーターのコーチを務めるカナダ人のブライアン・オーサー氏の指導を受けると発表。練習拠点もカナダ・トロントに移すとしていたが、コロナ禍により同国政府が外国人の入国を制限したため、コーチ変更は実現しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る