専門家が仰天指南 アスリート「体毛ツルツル」のメリット

公開日: 更新日:

 やっぱり彼もツルツルだった。

 昨年の暮れの12月21日、瀬戸大也選手(25)が短水路国際リーグ決勝大会の2種目で優勝。若い女性のようにきれいに剃られた脇の下をみせながらガッツポーズをした。

 水泳選手は全身の毛を剃り上げて大会に臨むという話は有名だが、その一方で陸上短距離選手は長髪をなびかせながら走る者もいる。アスリートはそれぞれどのように体毛について考えているのか。

「私は大きな大会の前になると必ず毛を剃りますね」と言うのは、昨年の競泳日本選手権、男子1500メートル自由形3位の仲家槙吾選手(23)だ。

「中学3年くらいの頃から周りの影響で始めました。水の抵抗を減らす目的に加え、剃毛することで肌が水の感覚をつかみやすいというのも大きな理由です」

 北京五輪陸上4×400メートルリレー日本代表の堀籠佳宏氏(39)は「毛髪はタイムに影響しないという論文が出ていますし、まったく気にしたことがありません」と言い切った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西勇輝は“天敵”岡田新体制に未練なし!史上初「阪神→巨人」FA移籍選手誕生カウントダウン

    西勇輝は“天敵”岡田新体制に未練なし!史上初「阪神→巨人」FA移籍選手誕生カウントダウン

  2. 2
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  3. 3
    新庄日ハムの大黒柱・近藤健介 FA権行使濃厚も本命ロッテはお家騒動真っただ中

    新庄日ハムの大黒柱・近藤健介 FA権行使濃厚も本命ロッテはお家騒動真っただ中

  4. 4
    阪神・西勇輝は「性格に難あり」海外FA権取得で今オフ目玉と思いきや“不人気”の声

    阪神・西勇輝は「性格に難あり」海外FA権取得で今オフ目玉と思いきや“不人気”の声

  5. 5
    ホラン千秋と新井恵理那は局アナ試験“全落ち”…タレント→キャスター“逆パターン”の強み

    ホラン千秋と新井恵理那は局アナ試験“全落ち”…タレント→キャスター“逆パターン”の強み

  1. 6
    「河野vs萩生田」バトル勃発寸前!旧統一教会の解散請求命令めぐり“てんでに”思惑渦巻く

    「河野vs萩生田」バトル勃発寸前!旧統一教会の解散請求命令めぐり“てんでに”思惑渦巻く

  2. 7
    婚約中に殉職した米警官が「最高の遺産」を…ホームレスの人たちから広がった助け合いの輪

    婚約中に殉職した米警官が「最高の遺産」を…ホームレスの人たちから広がった助け合いの輪

  3. 8
    ソフトB藤本監督 “常勝球団”の新指揮官でV奪還ならずも意外に「高評価」のワケ

    ソフトB藤本監督 “常勝球団”の新指揮官でV奪還ならずも意外に「高評価」のワケ

  4. 9
    氷川きよし“事務所社長との確執”にうんざり?「退所&独立」報道に見るキーちゃんの決意

    氷川きよし“事務所社長との確執”にうんざり?「退所&独立」報道に見るキーちゃんの決意

  5. 10
    丘みどりディナーショー“Wブッキング中止”の背景と経緯 超老舗ホテルの杜撰すぎる対応

    丘みどりディナーショー“Wブッキング中止”の背景と経緯 超老舗ホテルの杜撰すぎる対応