レイズ筒香がPS出番減に直面…速球派に“ダルマさん”の試練

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香嘉智(28)の出番がメッキリと減っている。

 6日現在、ポストシーズンはワイルドカードゲーム、地区シリーズ合わせて5試合中2試合に出場しただけで、計3打数無安打1三振。6日のヤンキースとの地区シリーズ第2戦は四回2死一、二塁の好機で代打に起用されたが、3番手右腕オッタビノに左飛に倒れた。

 左打ちの筒香はレギュラーシーズンでは、相手先発が右腕の時にスタメン起用されてきた。このヤンキース戦は初戦がコール、2戦目が新人ガルシアの両右腕が先発しながら、三塁のスタメンを同じ左打のウェンドルに譲った。

 筒香がポストシーズンで出番が減った原因は相手投手の左右ではなく、投球のタイプだ。コール、ガルシアの両右腕とも、速球が武器の本格派で、キャッシュ監督は筒香では荷が重いと判断したようだ。

 筒香はDeNA時代から速球を苦手としており、今季も攻略したのはいずれも技巧派だった。今季、筒香が本塁打を放った投手は、ブルージェイズの韓国人左腕である柳、マーリンズの右腕ロペスら、直球の最速が150キロ前後のメジャーでは軟投派ばかり。球種は8本塁打のうち、6本が真ん中から外寄りの変化球で、残りの2本の直球はいずれも150キロ未満だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る