田中と筒香を巻き込む因縁 ヤンキース初代オーナーの亡霊

公開日: 更新日:

 メジャーのプレーオフは6日から地区シリーズ(5回戦制)がスタート。リーグ優勝決定戦進出をかけて8チームがしのぎを削るが、中でも米メディアの注目を集めているのがヤンキース対レイズ、同地区の因縁対決だ。

「ヤンキースはレイズに対して強烈な憎悪を抱いている」(ニューヨーク・ポスト電子版)

「レイズが嫌い? それならヤンキースの地区シリーズをより楽しんで見られる」(ニュージャージー・ドット・コム)

 ヤンキースの地元であるニューヨークの複数のメディアは、こんな見出しの記事を掲載。両チームの間に流れる険悪ムードを伝えている。

■金満が極貧に完敗

 今季、両球団の試合では一触即発のシーンが何度もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る