レイズ筒香は初戦出番なしも…出塁&機動力がカギを握る

公開日: 更新日:

 ア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)が開幕。5日(日本時間6日)はレイズ・筒香嘉智(28)は初戦のスタメンを外れた。初戦でチームはヤンキースに3-9で敗れ、筒香にも出番はなかった。

 メジャー1年目の今季は51試合に出場して打率・197、8本塁打、24打点。メジャーの壁に阻まれたが、シーズン終盤には1番で起用され、相手投手に球数を費やさせるなど、リードオフマンの役割をこなした。

 レギュラーシーズンは相手先発が左腕の時はスタメンを外れていたが、ヤンキースは右腕主体のため、筒香の出場機会は増える。

 同地区のライバル相手に1番打者として出塁することに加え、機動力も求められる。

 日本での10年間で盗塁はわずか5個。今季は1度も盗塁を決めていない。183センチ、98キロのズングリ体形で決して俊足ではないものの、筒香の走力は首脳陣から高く評価されている。キャッシュ監督は「常に次の塁を狙おうとする姿勢は相手の野手にプレッシャーを与えられる」と、話している。実際、筒香は次打者の二塁打で一塁から一気に生還するケースも珍しくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る