来季巨人入りと噂のソトは必要か…守備で目立つお粗末ぶり

公開日: 更新日:

 結局、巨人入りではないか――球界では、そんな声でもっぱらだ。

 今季で2年契約が切れるDeNAの主砲、ソト(31)のことだ。2年連続本塁打王。長打力に加えて、「守備では一塁、二塁、外野の複数ポジションをこなす。いかにも原監督好み。今季年俸は1億8500万円。コロナ禍でどこも球団経営が厳しい。争奪戦に参戦できる球団は限られます」(球界関係者)。

 しかし、巨人OBがこう言う。

「必要か? と問われれば、いらないでしょ。原監督の積極起用で、二塁も外野も若手が伸びてきた。出てきた芽を踏み潰すような補強は矛盾している。ソトは8月に腎盂腎炎で欠場が続きながら、ここまで19本塁打。確かに長打力は魅力だが、得点圏打率は低いし(今季は.267)、複数ポジションをこなせるといったって、守備だって決してうまくはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る