野村監督の冷徹な計算 シーズン半ばで主力選手を休ませた

公開日: 更新日:

 プロ野球のペナント争いも終盤に差し掛かった。

 クライマックスシリーズがないセ・リーグは巨人が独走しており、優勝、日本シリーズ進出は確実だろう。そして下位チームは来季を考えて若手を使い始めている。

 来季を見据えるといえば、最も露骨だったのがヤクルト時代の野村克也監督(2020年没、享年84)だ。野村ヤクルトでコーチを務めていた人から、こんな話を聞いた。

「1994年のオールスター休みの練習時、野村監督がコーチを集めてこう言ったのです。『これから主力選手で故障や体調に不安のある者は休ませろ』と」

 そのコーチは「今年は優勝を諦めた。勝負は来年だ」という意味だと理解したという。なぜなら球宴前、野村監督が「優勝は無理」とも受け取れる発言をしていたからだ。マスコミなどから「ファンに失礼。選手も敏感に反応する」と批判されたが、本人はどこ吹く風だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る