原巨人8年ぶり日本一奪回のカギは丸 パの投手には滅法弱い

公開日: 更新日:

 逆転負けを食らった7日のDeNA戦、この男だけは気を吐いた。巨人丸佳浩(31)が2戦連発弾を含む4打数2安打。5年連続となる20号本塁打を右中間スタンドに突き刺し、「浮いてきた変化球をしっかりと捉えることができました」と満足そうだった。

 今季は好不調の波が激しく、一時は打順も6番に降格した。が、シーズン終盤を迎えて調子は右肩上がり。今月は打率・391、3本塁打、7打点と絶好調である。

「ペナントレースを独走する巨人にとって2年連続リーグ優勝は通過点、主力選手の体調を考慮しながら若手を積極的に起用している原監督もすでに日本シリーズに照準を合わせているようにみえます。8年ぶりとなる日本一奪回、そのカギを握るのが丸です」

 そう言って、巨人OBの橋本清氏が続ける。

ソフトバンクに4連敗を喫した昨年の日本シリーズで中軸の丸は13打数1安打の打率・077と完璧に抑え込まれた。広島時代の一昨年の日本シリーズでも25打数4安打で打率・160。39本塁打を放って2年連続MVPに輝いたシーズンの大活躍がウソのように沈黙しました。昨年も一昨年もソフトバンク投手陣に厳しく内角を攻められ、打撃を狂わされた。セの投手に比べ、パはソフトバンクに限らず、スピード、キレ、内角を攻め切れる制球力を持つ投手が多い。それを丸がはね返せるかどうかで、得点力は変わってきます」

 今季年俸4億5000万円。チームを日本一に導いて初めて、大枚をはたいた価値が出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

  2. 2
    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

  3. 3
    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

  4. 4
    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

  5. 5
    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

もっと見る

  1. 6
    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

  2. 7
    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

  3. 8
    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

  4. 9
    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

  5. 10
    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約

    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約