ロッテ大量感染も「保健所判断」で試合挙行 NPB説明に困惑

公開日: 更新日:

 ロッテのコロナ大量感染が判明した6日、12球団とNPBは臨時実行委員会を開催。その後、NPBの井原事務局長は記者会見で、ロッテ戦の試合を挙行する決定に至った理由について、「保健所の判断」と説明。クラスターが起きた際の対応についても、8月にJリーグのサガン鳥栖がクラスターで活動停止したことを踏まえ、「保健所の判断」とした上で、「保健所が2週間の活動停止と指示をされたら、それに従う」とした。

 しかしこの回答、そもそもおかしくないか。

 保健所は感染者の隔離などを指示することはあっても、試合開催の可否まで指示することができるのか。

 実際、ロッテのクラスターを担当する千葉市の保健福祉局医療衛生部医療政策課に話を聞くと、「保健所には試合開催の可否を判断する権限は与えられていない。活動に関してこちらが許可をしたり、中止を指示することはありません」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る