巨人日本一奪回の意外な壁…指揮官を悩ます相手と空白期間

公開日: 更新日:

 どこでやるかではなくどことやるかだ――。巨人原辰徳監督(62)、そんな心境ではないか。

 巨人がリーグ優勝した場合、日本シリーズのホームゲーム(第1~2、6~7戦)を京セラドーム大阪で開催することが決まった。シリーズ期間中、本拠地の東京ドームが社会人野球の都市対抗大会で使用されるための特別措置だ。

「今季も勝率・744と圧倒的な東京ドームを使えないのは痛手だが、毎年主催試合を行っている京セラドームでも通算19勝13敗と相性はいい。大黒柱の菅野も京セラドームでは過去4試合で防御率0・93(1勝1敗)と圧倒的です。問題は場所ではなく相手でしょう」

 巨人OBがそう言うように、昨年の日本シリーズはソフトバンクに0勝4敗とまるで歯が立たなかった。原監督は昨年までの13年間でペナントレースを制すること8度、セ・リーグでは「名将」と呼ばれるにふさわしい結果を出しているものの、日本一の栄冠に浴したのはたったの3度。CSでの敗退を含めて、短期決戦でのもろさを露呈している。セ5球団とは投打に段違いのパ・リーグのレベルにスコア以上に圧倒されるシーンが少なくなく、特に昨年は「かなり高い壁」と実力差を認めざるを得なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る