畑岡「自分らしいゴルフができなかった」冷たい秋風に苦戦

公開日: 更新日:

【全米女子プロゴルフ選手権】第1日

 畑岡奈紗(21)は開幕前、「優勝スコアは15アンダー」と予想したが、初日は強い風が選手を苦しめた。

 今年はコロナ禍の影響で6月末から10月に大会が延期された。気温15度前後の肌寒い中、畑岡は8時5分にスタート。6番からは風も吹き始め体感温度はさらに下がり、ウインドブレーカーを着たり、脱いだりと忙しかった。

 その6番パー4は打ち上げの右ドッグレッグホール。第1打をアゴが高い右のバンカーに入れて、第3打をピン右上1・5メートルに寄せるもパーパットを外す。バックナインの2つのボギーも第1打を右に曲げるミスが原因だった。

 この日唯一のバーディーは9番パー5。第3打はピンまで47ヤード。歩測してから打ったアプローチは3バウンドでピンに当たり、40センチのパットを難なく沈めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  10. 10

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

もっと見る