原英莉花が腹痛でギリギリセーフ…「食中毒かと思った」

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】第2日

 原英莉花(21)は大会初日、スタート直前に腹痛でトイレに駆け込み、時間ギリギリで間に合った。それでもスコアは4アンダー・3位タイ。この日は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算6アンダーは首位の小祝さくら(22)に3打差の2位につけている。

 原は前日、「お腹が痛くて、食中毒かと思った」と語り、前の晩の食事については「生ものは食べてない。生ガキは大好きだけど、ずっと我慢している。パスタを食べました」と明かした。

 男女を問わずプロゴルファーは大会期間中、食中毒を懸念して生ものはほとんど口にしない。

 今大会の会場から歓楽街の中洲までは車で約1時間。高級魚介を扱う海鮮料理店も数多い。食の「誘惑」だけではない。福岡の博多といえば、原の師匠・尾崎将司の第二の故郷でもある。師匠のタニマチからお座敷がかかっても絶対に行ってはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  5. 5

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  9. 9

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  10. 10

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

もっと見る