ホワイトソックス新監督候補 “サイン盗み”の元指揮官浮上

公開日: 更新日:

 ホワイトソックスは12日(日本時間13日)、リック・レンテリア監督と来季の契約を結ばないと発表した。同監督は今季、チームを12年ぶりのポストシーズンに導いたが、ワイルドカードシリーズでアスレチックスに敗退した責任を問われ、事実上の解任となった。

 会見したリック・ハーンGMは具体的な名前は挙げなかったものの「外部から人材を招聘する」と、他球団で実績のある監督経験者から人選を進める方針を明かした。

 複数の米メディアの報道によれば、早くも後任として目されているのが、前レッドソックス監督のアレックス・コーラ、前アストロズ監督のA・J・ヒンチ氏の2人だ。いずれも指揮官として実績はあるものの、いわくつきの人物として知られる。

 昨年、全米を騒がせたアストロズによるサイン盗みを主導したり、隠蔽していたとしてMLBから1年間出場停止の厳罰を受け、揃ってチームを追われたのだ。

 コーラ、ヒンチの両氏は今季終了後にも処分が解除される見込みで、来季から指揮を執るのは可能になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る