阪神“ぬるま湯体質”唯一の特効薬は…ファンの甲子園離れ

公開日: 更新日:

 2度にわたるコロナ騒動に対する阪急阪神HDトップの怒りに、阪神が大慌てだ。

 9日、揚塩球団社長が今季限りの辞任を表明したのに続き、11日には遠征先の名古屋市内で規則を破って会食した福留ら11人に制裁金を科したと発表。いずれも阪急阪神HDの角和夫代表取締役会長が、度重なるコロナ騒動について、「きっちりとケジメをつけさせなければいけません」と激怒したことを受けての動きなのは間違いない。

 とはいえ、よしんば球団社長に加えてオーナーや監督のクビをすげ替えたところで、球団内部にはびこるぬるま湯体質が変わるとは思えない。

 阪神がどれだけ負けようと、内部が問題を起こそうと、球団はカネを生み出す打ち出の小づちのようなもの。球団が発表した今年3月期の決算によれば、今期は3億8400万円の黒字、利益剰余金(内部に蓄積されている利益)は88億9800万円にのぼる。現状のままでも山ほど稼ぐ優良企業だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る