ソフトB首位死守も 指揮官の早すぎるムチで選手息切れ心配

公開日: 更新日:

 意地でも勝つ――そんな指揮官の執念が垣間見えた。

 11日、ソフトバンクは2位ロッテを3―0で破り、首位攻防戦を2勝1敗で勝ち越し。9日の敗戦ではゲーム差なしまで詰め寄られるも、再びその差を「2」と広げた。

 注目は六回の継投だ。先発の和田は5回1安打無失点で降板。3点リードのこの場面、ソフトバンクの工藤監督が選んだのが「一人一殺」の継投策だ。泉、嘉弥真、高橋礼を1アウトごとに交代させ、六回を無失点で切り抜けた。

 試合後、「まるで短期決戦のような戦い方でしたね」と問うインタビュアーに対し工藤監督は、「六回がひとつの肝だと思った」と、こう続けた。

「試合の流れを断ち切らなきゃいけなかった。和田くんが良かっただけに、そのあとが一番大事。すいません、(継投が)細かくなっちゃいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る