小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

剛腕とのキャッチボールやスラッガーの風貌に仰天の日々

公開日: 更新日:

 しばらくの間、メジャーの文化や日米の野球観の違いなどを紹介してきました。アメリカでは毎日が驚きの連続。中でも僕が「おいおい、勘弁してくれよ」と思ったのがケリー・ウッドとのキャッチボールです。

 彼は2008年にカブスで34セーブをマークした快速球投手。その年のオフ、インディアンスに移籍する際はシカゴの地元紙に1面広告を掲載、「いままでありがとう」とファンにメッセージを送ったナイスガイです。

 僕は09年、ウッドのキャッチボールのパートナーになりましたが、とにかく恐ろしいのなんの。キャッチボールとは思えないくらい威力ある球を投げてくるんです。さらにキャッチボールも終わりに近くなると、僕を捕手のように座らせて、変化球をバンバン投げ込んでくる。メジャーではこうした投手が多く、ウッドもそのひとりでした。

■急きょグラブを新調

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る