甲子園で閑古鳥…熱狂的な阪神ファンがソッポを向き始めた

公開日: 更新日:

 ファンも失望しているんじゃないか。

 10月から観客動員の上限を2万人に拡大した阪神だが、22日の広島戦は序盤に大量失点を喫したことが響いて敗戦。観客は9081人にとどまった。

 昨季は12球団最多の309万人を動員するなど12球団屈指の人気を誇るも、ここにきて甲子園に閑古鳥が鳴き始めている。

 10月1日以降、満員となる2万人に達したのは、土日開催だった同3日、4日の巨人戦のみ。18日のヤクルト戦以降は客足が遠のきつつある。19日のヤクルト戦は、月曜開催ということを差し引いても、たったの3593人。1試合平均の観客動員は7601人と、12球団中4位に低迷している。

 今季は大山が26本塁打をマーク。巨人岡本とタイトルを争うなど本格化の兆しを見せ、不振が続いていた藤浪が中継ぎとして活躍。見どころはゼロというわけではないが、早々に巨人に独走を許すなど、優勝争いから脱落したことが影響していることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る