ドジャース32年ぶりWS制覇を誘起したカネと元レイズの頭脳

公開日: 更新日:

「選手たちはタフさとはどういうものかを証明してくれた。今年は我々の年だ」

 日本時間28日のワールドシリーズ第6戦でレイズを3―1で下し、1988年以来、32年ぶりの世界一になったのがドジャース。試合後のロバーツ監督がこう言ったように、ドジャースナインは投打とも最後までたくましかった。

 なにしろ、今年3月時点での選手総年俸はメジャー30球団中、ヤンキースに次いで2位。ワールドシリーズで2勝を挙げたエース、カーショー(32)の平均年俸は約33億円。この日の試合で好走塁を見せ、ダメ押し本塁打を放ったベッツ(28)は来季から年平均32億円の12年契約を結んでいる。

 豊富な資金は優秀な選手をつなぎとめるためだけにつぎ込まれるわけではない。

 ドジャースは2014年オフ、それまでレイズのGMだったフリードマンを年平均約7億4000万円で招聘、編成責任者に据えてチームづくりを任せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る