150cm西村優菜が新人で初V 飛ばし屋を凌駕した“9Iの教訓”

公開日: 更新日:

【三菱電機レディス】最終日

 6打差をひっくり返す逆転劇を演じたのは身長150センチの西村優菜(20)だ。黄金世代に続くミレニアム世代のひとりであり、最終日はベストスコア65をマークしてツアー初優勝。この日はショートアイアンが何度もピンに絡み、8バーディーを奪う猛攻を見せて最終組の157センチ勝みなみ(22=アマ含む4勝)、155センチ申ジエ(32=23勝)を圧倒した。

【写真】この記事の関連写真を見る(38枚)

 9月の日本女子プロでは単独首位発進の最終日に76と崩れて7位。その苦い経験も生きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る