今季グチャグチャ渋野日向子…データが示す大不振の原因

公開日: 更新日:

「今週は攻めのゴルフを見せてくれると思いますよ」

 ツアー関係者がこう言うのは渋野日向子(21)のことだ。

 6日開幕のTOTOジャパンクラシック(茨城県・太平洋C美野里C)は、コロナ禍の影響で全米女子プロゴルフ協会の公式戦としての開催は中止。無観客で国内ツアー単独の特別公認競技として行われる。

■「予選落ち」ない大会で問われる真価

 渋野は今季初戦のアース・モンダミンカップで予選落ち。8月からの海外遠征6試合も、昨年優勝の全英女子オープン(予選落ち)も含めて見せ場はなし。先週の、樋口久子前女子プロ協会会長の冠大会でも3打及ばず決勝へ進めなかった。

 今週の大会は78人しか出場できず、予選落ちがない。よって冒頭の関係者は「初日から積極的にピンを狙ってくると思います」というのだが、今の渋野にそれができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る