渋野日向子また未熟さ露呈…グリーン難度上がり対応できず

公開日: 更新日:

【全米女子プロゴルフ選手権】第2日

 初日の首位スコアは3アンダー。主催者の想定はイーブンパーだったようで、2日目はピン位置の難度を上げた。これは「プレーヤーイジメ」ではない。今大会は事実上の「女子プロ世界一決定戦」だ。選手の実力を遺憾なく発揮させるため、ピン位置やグリーンの硬度、速さを日々考えているのだ。

 この「設定」に対応できなかったのが、初日イーブンパー13位タイの渋野日向子(21)だ。

 前半(イン発進)はショットが安定せず16番までに4ボギー。18番パー4はグリーン右手前からチップインバーディーを奪うも、折り返してグリーンを外した3番、4番はアプローチミスで連続ボギー。5番で1つ取り返したが、8番パー3もグリーン左に大きく曲げてここもアプローチが寄らずにボギー。通算5オーバーまでスコアを落とし、46位で決勝へ進んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る