羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野 海外遠征で闘志に火…必要なのはメジャー覇者の自信

公開日: 更新日:

 渋野日向子の約2カ月間に及ぶ、海外6試合の遠征が先週の「全米女子プロゴルフ選手権」で終わりました。結果は上位に行けず通算11オーバー58位だったけれど、「スコットランド女子オープン」や前年覇者で臨んだ「全英女子オープン」の2週連続予選落ちした時より、ショットは格段に良くなっていました。6試合でトップ10が一度もありませんが、海外のトッププロと一緒に戦うことで日本との違いを肌で感じ、技術や精度のすごさを目の当たりにしたはずです。打ちのめされただけでなく、もっと向上しなければいけないと闘志に火がついたことはとてもいいことです。

「もっと強くなって、この場で戦いたい」と目標が明確になったのも大きな収穫と言えます。

 これから帰国して、国内4試合に出場しながら、12月の全米女子オープンへの再渡米に向けて準備に入ります。試合での戦い方もメジャーを意識しながら、課題をクリアしてテクニックをつくり上げていくことになります。砂の上や逆目のライからのアプローチや、左足下がりのライからコックを使うテクニックなど、悪条件の中での練習がメジャーでは役立ちます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る