欲深きソフトB…パ2位球団「消耗期待」でCS完勝に虎視眈々

公開日: 更新日:

 2位争いを高みの見物――というほど余裕はなさそうだ。

 10月27日に3年ぶりとなるリーグ優勝を決めたソフトバンク。当面は勝ち負けを気にせず、11月14日に始まるCSに向けての調整に専念できる。

 そんな王者にとって懸念材料のひとつが「いつ2位が決定するか?」ということだ。

 3日現在、ロッテ西武が同率2位。4位楽天も2チームと2・5ゲーム差で可能性を残している。

 ソフトバンクの球団スタッフが言う。

「今年のCSは新型コロナの影響で、首位と2位の対戦のみ。しかも4試合で3戦先勝という短期決戦です。首位のウチは1勝のアドバンテージがあるとはいえ、試合数が少ないので先手を取られたらそのままズルズルといきかねない。だからこそ、ギリギリまで2位争いをして消耗してほしいんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る