今季も巨人には最後まで悩ましい「日本シリーズ捕手問題」

公開日: 更新日:

 巨人の捕手問題が再燃する。

 今季、正捕手を務めた大城卓三(27)が5日の広島戦で、10月31日のヤクルト戦以来、4試合ぶりにスタメンマスク。同30日にヤクルトの広岡、塩見、山崎に2度の計4盗塁を許した大城は、二塁ベースまで届かない送球が多く、“フリーパス”状態だったこともあり、ここ3試合は岸田行倫(24)が先発していた。

 今季セ・リーグはCSを行わない。すでに進出を決めている日本シリーズが問題だ。対戦する可能性が高いパ・リーグ覇者のソフトバンクは6日現在、12球団トップの98盗塁。13試合連続盗塁のプロ野球記録を更新した周東らが走りまくり、機動力も武器としているとあって、「大城は大丈夫か? 肩が痛いんじゃないか? もしソフトバンクが相手なら、4つじゃ済まない」などと、ファンがネット上でザワつく事態となっていた。

 小林と正捕手を争ってきた大城の送球難は、盗塁阻止率が.172と低調だった昨季から問題視されてきた。しかし、今季は改善。原監督も「大きく伸びている。リード面も含めてスローイングも向上している」と目を細めていた。今季の阻止率は.326でリーグ3位。昨季、同トップだった小林の.419には遠く及ばないものの、良化傾向だった。それが「1試合4盗塁」。日本シリーズを見据えれば、大きなスキになるだけに、首脳陣がバタバタするのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る