二刀流復帰は先送り?エ軍大谷は来季マイナー始動まである

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が二刀流復帰に向けて早くも汗を流している。

 本拠地エンゼルスタジアムで、10月上旬にキャッチボールを再開。球速は130キロと抑えめながら、患部に異常がなければ、年内にも本格的な投球練習を再開する見込み。

 今オフ、新たに就任したペリー・ミナシアンGM(40)は「打つことも投げることもできるのは明らか。いろんな形で勝利に貢献してくれると思う」と、二刀流継続を容認する方針を示唆している。

 今季、エンゼルス先発陣の防御率は30球団中29位の5.52に終わり、ローテ再編が最優先課題だ。球威が戻って投手として完全復活すれば、先発陣の底上げにつながるだけに、新GMが大谷への期待を口にするのは当然とはいえ、メジャーでの本格的な二刀流復活は先送りされる可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る