ロッテを襲う高年俸選手の去就問題…澤村はやはり米移籍か

公開日: 更新日:

 パ・リーグ2位からの下克上を狙ったロッテはクライマックス・シリーズでソフトバンクに連敗。2試合連続で2点差以内の接戦を繰り広げたが、及ばなかった。

 来季、この強敵を倒して優勝を果たすには、さらなる戦力強化が不可欠だが、すでにこのオフ、セットアッパーにメジャー移籍する可能性が浮上している。

 今季途中に巨人からトレードで加入した澤村拓一(32)が、米球界挑戦に関心があるという。

 ロッテ移籍後、主にセットアッパーとして22試合に登板、0勝2敗1セーブ13ホールド、防御率1・71の好成績で復活を遂げた。CSでは自己最速となる159キロをマーク。複数のメジャー球団が関心を示している。本人も15日、今季取得した海外FA権を行使してのメジャー挑戦に含みを持たせた。

「ロッテは昨オフ、FAで美馬と福田を獲得。このオフは、助っ人のマーティンとも2年4億円程度の好条件で残留が内定している。補強費が限られるなか、年俸1・54億円の澤村は高額ということもあり、球団も流出はやむなしと考えているようだ」(ロッテOB)

 来季は若手の底上げや、お得意のトレードなどに活路を見いだすことになるだろうが、果たして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る