マー君ら日本人選手は試練…財政難でスケベ根性が命取りに

公開日: 更新日:

 メジャーのFA市場は大物選手の交渉を優先するのが一般的だ。彼らに比べれば格下である日本人選手の交渉は後回しにされた上に好条件でのオファーは望むべくもない。球団との交渉は代理人の手腕にもかかっているが、条件をつり上げようと必要以上に欲をかいてゴネれば、移籍先が決まらないリスクは十分にある。

 2018年オフには、メジャーを代表する守護神キンブレル、2015年のサイ・ヤング賞左腕カイケルの大物2人がオフの間に合意に達しないままシーズンに突入。2人の移籍先が決まったのは、古巣への補償(ドラフト指名権など)が発生しない6月のドラフト会議終了後だった。

 移籍先探しには妥協も必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る