菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

公開日: 更新日:

 日本球界を代表する最多勝エース対決は、海の向こうのメジャーも注目したという。

 21日の日本シリーズ第1戦。巨人先発・菅野智之(31)は24歳の栗原に3安打4打点を許すなど、6回6安打4失点で降板した。一方のソフトバンク千賀滉大(27)は「お化け」と評される伝家の宝刀フォークを巨人打線に見極められたものの、途中から直球を中心に組み立てを修正。7回3安打無失点と完璧に抑え込んだ。

 明暗が分かれた2人だが、ともにポスティングを使ったメジャー移籍を希望しており、菅野は今オフにも実現する可能性が高い。

「もしオフに2人とも移籍が可能になれば、人気になるのは断然千賀です」とメジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう指摘する。

「まず年齢の違いが挙げられます。メジャーは35歳にかかる契約を結ばない傾向があるので、来年32歳になる菅野は3年で約28億円ほどの契約になる可能性があると米紙ニューヨーク・ポストが報じています。メジャーは外角のストライクゾーンが広いため、菅野の生命線であるスライダーは武器になる。ただ、昨年は腰を痛めて、成績を落とした点はマイナス。同紙でのFAランキングは21位でした。第1戦でも直球は常時150キロちょっとでしたが、日本では速くてもメジャーでは平均クラス。コントロールがいいので、前田(ツインズ)を目指すべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る