マー君ら日本人選手は試練…財政難でスケベ根性が命取りに

公開日: 更新日:

 日本人選手はタフな交渉を強いられそうだ。

 今オフ、田中将大(32=前ヤンキース)、平野佳寿(36=前マリナーズ)の2人がFAに。日本国内に目を向けると、ロッテ沢村拓一(32)が海外FA、日本ハム有原航平西川遥輝(ともに28)はポスティングシステムでのメジャー挑戦を希望する。日本ハムは26日に有原のポスティング申請したことを発表した。が、交渉が進展しない可能性はある。

 レギュラーシーズンが短縮(60試合)された上に、無観客での実施が、各球団の財政悪化を招いたからだ。実際に多くのチームが球団職員のリストラを断行し、補強に関しても緊縮財政を打ち出しており、年俸総額を削減しないのは、新オーナーが就任したメッツ、大谷のエンゼルスら数球団に限られる。

 今季の大幅減収に加え、来季はマイナーも含めて最低保証額が上がることもあり、多くの球団は年俸総額を抑えたいのが本音だろう。今オフ、FAの目玉とされるサイ・ヤング賞右腕のバウアー(前レッズ)、本塁打、打点の2冠を獲得したオズナ(前ブレーブス)、首位打者のルメイヒュー(前ヤンキース)らの大物選手ですら、例年のような大型契約を交わすのは厳しいとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    ミキ昴生に関ジャニ横山“芸能界クラスター”で4月改編危機

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る