日ハム有原なら「2年10億円」も メジャーFA市場の先発枯渇

公開日: 更新日:

 今オフ、ポスティングシステムによるメジャー挑戦が確実視されているのが日本ハム有原航平(28)だ。昨季15勝(8敗)で最多勝を獲得した右腕にはいったい、どれくらいの値が付くのか。

「今年のFA市場は不作。中でも先発はサイ・ヤング賞右腕のバウアー(29)が抜けた存在で、彼に続く投手となるとガクンと力が落ちます。エンゼルスのように先発を何人も入れ替えなければならない球団もあるだけに、先発投手にとってはかなりの売り手市場です」

 と、スポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

「昨オフ、巨人で最多勝を獲得した山口は2年635万ドル(約6億6000万円)でブルージェイズ入りした。山口が当時すでに32歳だったことを考えると、28歳でメジャー挑戦できるのは大きい。平均防御率が3・74というのは気になりますが、昨季は2・46、今季は3・46と多少、改善されています。ストレートが常時150キロ台中盤をマークするうえ、落差の大きなチェンジアップもある。2年1000万ドル(約10億4000万円)程度の契約は結べると思う」

 有原は早大在学中からメジャー志向があったといわれるから、ようやく念願がかないそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    オリラジ中田敦彦が仕掛けた「松本人志批判」の余波、主張に賛同する人・納得しない人の割合

    オリラジ中田敦彦が仕掛けた「松本人志批判」の余波、主張に賛同する人・納得しない人の割合

  3. 3
    大谷翔平は要警戒…ダルも不信感抱くア・リーグ東地区の“インチキ”に気をつけろ

    大谷翔平は要警戒…ダルも不信感抱くア・リーグ東地区の“インチキ”に気をつけろ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    「松本人志オワコン説」は本当か? ケンコバの元相方が長年の“悪しき慣習”を痛烈批判

    「松本人志オワコン説」は本当か? ケンコバの元相方が長年の“悪しき慣習”を痛烈批判

  1. 6
    中田敦彦に松本人志を批判する資格はあるのか? 関係者から失笑&総スカンされるワケ

    中田敦彦に松本人志を批判する資格はあるのか? 関係者から失笑&総スカンされるワケ

  2. 7
    就活選考解禁の6月1日に“異変”…大学生協ですでに「内定辞退セット」が売れるワケ

    就活選考解禁の6月1日に“異変”…大学生協ですでに「内定辞退セット」が売れるワケ

  3. 8
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  4. 9
    ジャニーズが抱える“時限爆弾”…性加害問題の静観は通じず、スポンサー企業100社超「離反ドミノ」も

    ジャニーズが抱える“時限爆弾”…性加害問題の静観は通じず、スポンサー企業100社超「離反ドミノ」も

  5. 10
    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」