日ハム有原なら「2年10億円」も メジャーFA市場の先発枯渇

公開日: 更新日:

 今オフ、ポスティングシステムによるメジャー挑戦が確実視されているのが日本ハム有原航平(28)だ。昨季15勝(8敗)で最多勝を獲得した右腕にはいったい、どれくらいの値が付くのか。

「今年のFA市場は不作。中でも先発はサイ・ヤング賞右腕のバウアー(29)が抜けた存在で、彼に続く投手となるとガクンと力が落ちます。エンゼルスのように先発を何人も入れ替えなければならない球団もあるだけに、先発投手にとってはかなりの売り手市場です」

 と、スポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

「昨オフ、巨人で最多勝を獲得した山口は2年635万ドル(約6億6000万円)でブルージェイズ入りした。山口が当時すでに32歳だったことを考えると、28歳でメジャー挑戦できるのは大きい。平均防御率が3・74というのは気になりますが、昨季は2・46、今季は3・46と多少、改善されています。ストレートが常時150キロ台中盤をマークするうえ、落差の大きなチェンジアップもある。2年1000万ドル(約10億4000万円)程度の契約は結べると思う」

 有原は早大在学中からメジャー志向があったといわれるから、ようやく念願がかないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る