MLBがドラフトリーグ設立 狙いは有望株を集めコストカット

公開日: 更新日:

 MLBは11月30日(日本時間1日)、来季から高校生や大学生のドラフト候補選手を集めて公式戦を行う「MLBドラフトリーグ」を実施すると発表。同リーグには6チームが参加する予定で、4月から5月にかけて各チームとも68試合を戦う。

 参加する選手は将来を期待される有望株ばかりで、最新の技術を駆使して選手の投球動作、打球速度などの分析も行われる。

 6月上旬に行われるドラフト会議を前に、各球団のスカウトが候補選手の実力を見極める品評会としての位置づけになるという。

 MLBでは経費削減を目的に傘下のマイナーリーグの球団数を現行の160から120に削減。各球団とも来年からドラフト会議での指名人数が限られるようになるため、MLBのコストカットを目的にアマチュア選手は厳しく選別されることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る