ソフト甲斐は連覇“陰の主役” 急成長に一通のファンレター

公開日: 更新日:

 MVPの栄誉は後輩の栗原に譲ったが、甲斐拓也(28)の尽力も忘れてはならない。

 日本シリーズでは2本塁打を放つなどバットで活躍すると、捕手としても4戦通してひとりで投手陣をリード、巨人打線を封じた。

 中でも主力の坂本をシリーズ打率・214、岡本を同・077とシャットアウト。坂本には昨年の日本シリーズでの内角攻めの効果が今回も生きていると知り、外角中心の配球。岡本には執拗な内角攻めで打撃を崩させた。

 今でこそリード面も高く評価される甲斐だが、かつてはそうではなかった。

 ある球団OBは「盗塁阻止にこだわりすぎていた」と、こう話す。

「ちょうど『甲斐キャノン』ともてはやされていた時期ですね。盗塁を刺したいあまり、一塁に走者がいると、捕球した後に送球しやすいコースと球種ばかりを投手に要求しがちだった。右打者なら外角の直球などです。結果的にリードが単調になっていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る