マスターズは有観客で開催も…生観戦はやっぱりカネ次第

公開日: 更新日:

 オーガスタが再び熱くなる。

 マスターズの会場となるオーガスタ・ナショナルGCは12日(日本時間13日)、4月8日開幕予定のマスターズを有観客で実施すると発表した。昨年はコロナ禍により開催を11月にずらし、しかも無観客で開催された。静寂に包まれたオーガスタでプレーする選手たちの姿はなんとも異様だった。今年は人数制限するものの徹底したコロナ対策の上、パトロンの入場を認めるという。選手にとっても朗報だろう。

 ただし、今年は無観客となった昨年のチケットが有効で、インターネットによる販売も昨年6月に終了している。マスターズを生観戦したいファンは多いだろうが、「そもそもコロナ禍でなくても、チケットを手に入れるのは至難の業です」と言うのは、マスターズの取材歴が20回以上のゴルフライター・吉川英三郎氏だ。

「マスターズのチケットは、大会創設期に運営に関わったパトロンと呼ばれる人やその遺族などに先行販売されます。それ以外は選手やテレビ、スポンサーなどに配布され、一部がインターネットで販売されています。練習ラウンドは1日75ドル(約7800円)、本戦1日115ドル(約1万2000円)ですが、抽選に当たるのはまず無理です。ほとんどの人は転売サイトなどで購入していますが、近年は予選ラウンド2000~3000ドル(約20万~31万円)、決勝5000~6000ドル(約52万~62万円)ぐらいにまで高騰しています。ウッズが初優勝した1997年だったと思いますが、オーガスタのゲート前の大通りにいたダフ屋の最終日チケットが7000ドル(当時約85万円)ぐらいまで跳ね上がったと記憶しています。全米オープンや全米プロと違い、国内のゴルフファンでマスターズを現地で見たという人が少ないのはこのような事情からです」

 ちなみに、確実に生観戦できる観戦ツアー代金は、昨年まで80万~200万円前後だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る