山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

2021年はパワーアップした「ニューすず夏」をお見せします

公開日: 更新日:

 1月11日は成人式でした。着付けが終わってから玉川球場(厚木市)に向かい、ベイスターズ投手陣のみなさんから花束をいただき「おめでとう」と祝福してもらいました。

 今年ベイスターズの監督に就任した三浦大輔さんが、現役の頃から恒例行事になっている投手陣の自主トレに参加させてもらい、キャッチボールやノックだけでなく、坂道ダッシュなども経験させていただくなど、中3の頃からずっとお世話になっています。

 晴れ着姿の私を見てもらうことができ、うれしいやら、ちょっぴり恥ずかしいやら、ほっこりする気分でした。

 午後から相模女子大学グリーンホールで行われた市主催の式典に出席し、小中学校時代の同級生と久しぶりにわいわい盛り上がりました。

 ニュースやラジオでも「成人の皆さんおめでとうございます」のアナウンスがあり、一生に一度だけの特別な日なんだな、と改めて感じ、本当に大人の仲間入りを果たし、社会人としてしっかりしようと、気持ちが引き締まりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る