秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

公開日: 更新日:

「僕は西村(健太朗)しかいないと思います」

 七~九回のリリーフ陣の整備という宿題があった私は、意を決して原辰徳監督に直談判。2012年の開幕4日前、米マリナーズとの親善試合で西村が九回に起用されたことで、原監督のゴーサインが出た格好となった。西村はこの年、一時セットアッパーとなったものの、抑えの座に返り咲き、32セーブを挙げた。そして、翌13年には42セーブでタイトルを獲得したのは感慨深かった。

 八回には絶対的な安定感を誇る左腕・山口鉄也。問題の「七回」には新外国人のスコット・マシソンが入ることになった。クローザー候補として入団したものの、春のキャンプでいきなり頭部死球を食らわせるなど制球難を露呈。それでも「球威と角度」はあったため、「勝利の方程式」候補に浮上したのだ。

 しかし、コントロールが悪い。一軍バッテリーコーチとして、練習中に球を受けることがあるのだが、どこにいくか分からないスライダーやフォークは恐怖だった。クイック、バント処理ができず、牽制球も投げられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る