権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

桑田が肩書通りの「補佐」に徹することができれば楽しみだ

公開日: 更新日:

 それにしても、原辰徳監督(62)はすごいことをやる。春季キャンプを目前に控えたこの時期にビッグネーム、桑田真澄(52)の入閣である。

 投手チーフコーチ補佐に就任する桑田は、これまでプロ野球での指導経験はない。そんな元エースを15年ぶりに古巣巨人へ迎え入れた原監督の狙いは、組織の活性化だろうと推測する。

 巨人は2年連続で日本シリーズに敗れたとはいえ、セ・リーグのペナントレースでは連覇を達成している。セ5球団には王者として見上げられる存在だが、原監督はそれをよしとしていない。さらに、上を目指す――。桑田招聘でそんな気持ちをチームの内外に表明したのだと思う。

 この大胆人事で肩書的には桑田を従える形になった宮本和知投手チーフコーチ(56)の能力を私は買っている。元木大介ヘッドコーチ(49)も同様だ。就任1年目の一昨年、テレビで活躍していた2人はプロでの指導者経験がなかったこともあって、その手腕を疑問視したり、揶揄する声が少なからずあった。

 しかし、時に大胆に、時にやり過ぎじゃないかと思うほどの采配、選手起用をする原監督を、2人は見事に支えた。選手と監督の間に立ち、持ち前のコミュニケーション力を発揮。プレーするのは選手という真理を理解し、選手が持っている力を出せる環境を整えた。プロ野球の、特に一軍の指導者はこれでいい。手取り足取り、フォームをいじくることが仕事ではない。選手に寄り添い、戦う気持ちを持たせ、働き場所を与えたら、あとは信じて任せるだけ。宮本、元木両コーチは優秀なモチベーターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍