権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

桑田が肩書通りの「補佐」に徹することができれば楽しみだ

公開日: 更新日:

 それにしても、原辰徳監督(62)はすごいことをやる。春季キャンプを目前に控えたこの時期にビッグネーム、桑田真澄(52)の入閣である。

 投手チーフコーチ補佐に就任する桑田は、これまでプロ野球での指導経験はない。そんな元エースを15年ぶりに古巣巨人へ迎え入れた原監督の狙いは、組織の活性化だろうと推測する。

 巨人は2年連続で日本シリーズに敗れたとはいえ、セ・リーグのペナントレースでは連覇を達成している。セ5球団には王者として見上げられる存在だが、原監督はそれをよしとしていない。さらに、上を目指す――。桑田招聘でそんな気持ちをチームの内外に表明したのだと思う。

 この大胆人事で肩書的には桑田を従える形になった宮本和知投手チーフコーチ(56)の能力を私は買っている。元木大介ヘッドコーチ(49)も同様だ。就任1年目の一昨年、テレビで活躍していた2人はプロでの指導者経験がなかったこともあって、その手腕を疑問視したり、揶揄する声が少なからずあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る