秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

公開日: 更新日:

 今オフのメジャー移籍を断念し、巨人残留を決めた菅野智之。彼のことは昔から知っている。菅野の父親・隆志氏は私と法政大学野球部で共に汗を流した仲。そして、同い年である。付き合いはもう40年ほどになる。

 法大時代、隆志氏は当時巨人の選手だった原辰徳監督の妹である詠美さんと付き合っていた。「それは凄いな」という話をしたが、まさか結婚するとは思わなかった。

 時は流れ、菅野が中学生になり、新チームのエースになった2年生ごろだったか、私が参加した横浜スタジアムでの野球教室に、菅野が所属している軟式野球部も参加するという。隆志氏に「うちの息子も行くから、個人的にキャッチボールをしてやってよ」と頼まれ、三塁側のカメラマン席の前で20~30球ほどキャッチボールをした。

 体は大きくない印象だったが、投手らしい体形で投球フォームのバランスがいい。球の質も良かった。何より、私が構えたミットに投げ込んでくるコントロールの良さは当時から抜群だった。本人には「センスいいね。頑張って」と声を掛け、隆志氏には「バランスがいい。いいピッチャーだね」と伝えた。中学生くらいになると、筋のいい投手はだいたい分かるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る