秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

公開日: 更新日:

 昨年の巨人ソフトバンクの日本シリーズで、私が巨人のコーチ就任1年目の春季キャンプで練習した「二塁走者を生還させない投内連係」が生きるような場面があった。

 第2戦の初回1死二塁、ソフトバンクの攻撃でグラシアルの二遊間へのゴロを巨人・吉川尚輝がダイビングキャッチした後に一塁へ悪送球。ファウルグラウンドを転がるボールを一塁手の中島宏之が拾いに行き、二塁走者の生還を許した。投手の今村信貴がバックアップをするべきで、とても備えていたようには見えなかった。

 日本シリーズといえば、大城卓三とエース菅野智之の巨人バッテリー、そしてベンチにも物申したいことがある。第1戦の二回無死一塁で、菅野がソフトバンクの5番・栗原陵矢に先制2ランを浴びた場面だ。

 真ん中から内角へのスライダーを2球続けて2ボール。3球目も同じボールを投じると、栗原に「待ってました」とばかりに右翼席に叩き込まれた。巨人はこれで流れを失い、2年連続4連敗の道筋ができてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る