秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

公開日: 更新日:

 巨人との接点は私がBCリーグに新加入した群馬の監督1年目、2008年にさかのぼる。私は就任時、選手にこうゲキを飛ばした。

「3年後にプロの二軍に勝てるチームになろう。それくらい頑張らないと、絶対にドラフトになんかかからない。何としてでも3年以内に二軍に勝とう。そうすれば、プロから注目してもらえる」

 4月にリーグが開幕し、5月に巨人の二軍と練習試合を行うと、なんと群馬が1点差で勝ってしまった。

 結成1年目の群馬は地区優勝を果たし、10月にシーズンを終えた頃、巨人の二軍が群馬・敷島球場に来てくれた。観客を5000人ほど入れて再戦。春の時とは違い、今度はドラフト1位入団で3年目だった左腕・辻内崇伸ら、ドラフト上位指名の選手らで構成された「本気の二軍」だった。しかし、群馬はまたも1点差で勝利。当時「育成の巨人」を掲げ、二軍戦視察のため、群馬遠征にも同行していた清武英利球団代表は試合後、二軍の選手に向かって怒鳴り散らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る