羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野に熱愛報道 結果出せばとやかく言われる筋合いはない

公開日: 更新日:

 今年に入って米ツアーの松山英樹が苦戦しています。

 先週の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は通算1オーバー53位。初日に続き、決勝ラウンド2日間もアンダーパーで回ることができませんでした。ここまでの3戦(初戦41位、2戦目19位)はショットに問題がなく、グリーン上がうまくいっていません。

 松山のパッティングは大きめの振り子ストロークであり、ボールにタテ回転を与えて直進性のよさが特徴です。ところが目のきついポアナ芝ではイメージ通りに転がってくれません。さらにコンパクションが軟らかいため、カップ回りの足跡も気になり最初の打ち出しからラインを外れることもありました。硬いグリーンの高速設定になれば違和感もなくなりますが、ストレスも相当たまっているはずです。

 とはいえ先週も初日119位タイと大きく出遅れてから、2日目にしっかり予選を通過。決勝に進出して4日間戦うというプロとして最低限のノルマはクリアしてます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る