阪神ドラ1佐藤が大当たり 大絶賛のOB福間氏が指摘する課題

公開日: 更新日:

 初の対外試合で大当たりである。阪神ドラフト1位の佐藤輝明(21=近大)が9日、日本ハムとの練習試合に「2番・左翼」でスタメン出場。3打席目に右腕・鈴木健矢の内角低めのスライダーをうまくとらえ、右翼ポール際へ2ランを放つなど、3安打3打点の大活躍を見せた。

 在阪マスコミは早速、「佐藤祭り」に沸いているが、1985年優勝メンバーの福間納氏も、「しっかりとバットを振れているし、飛ばす力は天性のものがあります。いくら練習試合といえどもプロが相手。新人が簡単に本塁打を打てるものではない。近年の阪神のドラフト1位新人で、いきなりここまで打つケースは珍しい。大したものだと思います」と舌を巻いた。

 2018年「ドラ1」の近本は初の対外試合でマルチ安打をマークしたものの、15年「ドラ1」の高山は3打数1安打。16年「ドラ1」の大山は3タコだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る